PCからのサイズになりますが、各社の見積もりフォームをまとめてみました。

・深夜帯に見積もらない(見積もる場合は、電話を禁止にしてメールで連絡をとれというようにするなどや、IP電話などサブ・ダミーとなるような電話を設定しておく)

・深夜帯に見積もるなら、家の電話は留守電になるようにしておく。

ということをアドバイスしておきます。というのは、大半の引越し業者はまともなので、メールにするか翌日に連絡してくると思うのですが、極稀に、一刻も早く連絡すれば取れると思っている引越し業者がいることがあるため、たとえば1時に見積もると1時5分に電話してくるような問題のある運輸業者がいるからです。それだけ気をつければ、相見積もり取れるということは、安く引っ越すことが可能となりますので、おすすめできます。

見積もりですが、ネットの見積もりだけだと、実勢と大きな差が出てしまうとして、嫌がる傾向はあります。 それにしても、呼ぶのは抵抗あるかと思いますが、避けては通れないとは思ってください。

ガイドラインとして大体いくらだというのが言えないような業者はおかしいので、だいたいこのくらいの量だと、このくらいだということまでは、予め聞いておきましょう。

・必ず部屋に来て見ないとダメだという業者はいます。これは言い分としてはわかるのですが、以下の注意をしてください。 (まともな業者を1-3社程度入れるぶんにはいいでしょうが、圧迫される可能性もあるので、2人で面談したほうが無難です)

・見積から決定を急かす業者もいます。こういうのは安くしたければ応じてもいいけど、落としてもいいでしょう。

・泣き落とす業者 営業と小芝居するような業者→論外 には気をつけたほうがいいです。あまり聞いたことのない運輸業者は最小限にしておいたほうがいいかと。

以下は、引っ越し比較サイトとしては誠実なほうのサイトです。

▼ウェブクルー ズバット引越し比較
ウェブクルー系はわりとものをくれたり(必ずとは限りませんが)、あとダンドリという、段取りを立てる専門のサービスがあるのでおすすめできます。

▼エイチーム 引越し侍
引越し侍はテレビCMでもおなじみですよね。数多くの会社から最適なものを見つけるのの専門サイトです。

▼グライド 引越し達人セレクト
引越し達人セレクトも大手なので、問題はないはずです。